205にAE92ジムカーナ仕様のストラットを移植しました。
街乗りにはAVOは良かったんですが、物足りなくなってきたので、もっと車高を落として強いバネを組んで、キャンバーも付ける為に、流用自作する事にしました。

おいおい、205は通勤車やで〜、なにすんねん〜!(笑)

購入した時はは12kgのスプリングが付いていました。

完全なレース車両の物だそうで、前回OHしてからあまり走行していないそうとの事でした。

さて、これをどうやって取り付けるか・・・

オーリンズは倒立式なので、ショック本体(ロッド)を抜いてケースの加工が出来るので都合が良いのだ。

失敗すればまたケースのみ作ってもらえば良いし・・・^^;

まずはショック本体を取り出してから、エアカッターでブラッケット部分を半分切り取ります。

 

で、残した半分のブラケットを、スタビリンクの取り付けに流用しようと言う魂胆です。

応力分散、歪み防止の狙いで沢山の点付けで溶接します。

 

ブラケットのボルト穴が大き過ぎるので、適当な丸棒を薄く切って、スタビに合う穴を開けます。
そしてブラケットの穴を丸棒に合う様に削ります。

手動やすりなので結構大変です。(^^)

溶接して表面を削って出来あがり〜。

売りもんやないから、少々仕上りは雑でも良いのぉ〜っ!

あとは黒く塗ったらそれなりに見栄えは良くなるのだ・・・

 

短ストラットにしたのと、ブラケットを流用したので、そのままではスタビの位置が下に移動していまい、地面と接触するかもしれません。

動きを考慮するとスタビは水平が望ましいので、その分だけリンクを切り縮める事にしました。

 

当然、真っ直ぐ溶接しますが、上下ともロッド芯線上にボ

ールジョイントがあるので、極端なねじれ、曲げの力は掛かりません。

掛かるのは単純な押引の力だけなので、よっぽど曲がって溶接しない限り大丈夫です。

たぶん・・・(^^ゞ

上手く仕上ってるでしょ。

素人にしては・・・^^;

あっ、もう取り付けがすんでいます。

早いですねぇ・・・

でも、正午から作業を始めたんやけど、また夜中だど・・・(笑)

スタビロッドも無事、良い位置に付きました。

このOHLINSショックは、本体の径が50mmで、プジョー用は本来50.8mmなんです。

そのまま入れてみると、少し余裕があるので、0.2mmのステンレス板を挟み込みました。

ぴたぴたのバッチリになりました。

色塗ったらキレイに見えるでしょ?(^^ゞ

ジャッキアップすると、ノーマル車高の位置くらいまでしか伸びません。(^^ゞ

いよいよレース車両の様になってきて、嬉しいなぁ・・・???

途中休みながら、ダラダラと作業をしたので、結局13時間くらいかかってしまった・・・(^^)

 

インプレッション
真夜中の大雨の中、一応12kgのバネのままでテストしてみると、思ったより乗り心地は悪くない・・・(笑)

しかし、翌日の通勤途中にホームセンターに寄って、買い物から戻ってみるとタイヤがパンクしていました。

原因は、バネの自由長が長過ぎて(200mm)バネの車高調整用のお皿が、ほんの少しタイヤと擦っていて、そこが擦り減ってパンク!

高速道路がもう少し長かったら高速でバーストでした。おぉ恐ぁ〜。(笑)

バネを自由長175mm 8kgの物に交換してすぐに解決。

タイヤも2本新品にしたけど、殆ど減ってなかったので勿体無かったぁ〜。

8kgの方がストロークしてポンポンと乗り心地が悪くなったような気がしたものの、ショックの調節を大きく締め上げると大変フラットになりました。

OHLINSは、伸び側のみの調整のようで、バネレートに合った伸びを設定出来るようです。ショックを絞っていっても、BILSTEINのようなドーンとくる突き上げが全くありません。縮み側はバネのみで受ける感じです。

リアはノーマルトーションバーとAVOの組み合わせのままで充分で、少し減衰力を上げるだけでOKでした。

高速道路では、相当なスピードでもステアリングに全く不安感がなく非常にスムーズで、切った分しっかりと曲がって行きます。

中速コーナーでもぬうわkm程度で何事もなく自信を持って曲がれます。(^^ゞ

でも街乗り不整路などではやっぱり跳ねるので、205は軽いし、6kgくらいで充分そうです。そのうち交換しようと思います。

車を手放す事もあり、街乗りもスムーズにこなせる様に、5kgのバネに交換しました。

乗った感じは、街乗り&高速で乗り心地を考慮すると抜群に良くなりました。
やはり、直巻スプリングは、ノーマルより硬くても、レートほど乗り心地が悪くならず、むしろバランスを考えたらこれがベストだと思います。
乗り心地はとても良いですが、また、とてもしっかりしています。

前のめりにならないので、ハードなブレーキングでも、ノーマルよりずっと良く効きます。
8Kgの様にダイレクト感は薄らいだので、サーキットや競技では物足りませんが、はっきり言って普段はこれ以上は必要無いですね。^^;
やっと完成しました。と思ったら売るんですねこれが・・・(>_<)

NEXT